わくわく手づくりファーム川北 設立経過

 川北町の基幹産業である「農業」とそれをアピールする「商業」の融合から、新しい地場産業を生み出そうと農業法人㈲わくわく手づくりファーム川北は地元商工会有志たちにより設立されました。
「川北町 地場新産業創造構想」が指針となり、地域産業の振興の原動力となる企業を目指し活動しております。
 
 
 

農業法人㈲わくわく手づくりファーム川北設立まで
平成6年   9月 異業種交流会「もんじゅの会」発足
川北町商工会有志が集まる
平成7年  11月 第1回川北フォーラム21開催
平成8年   5月 モクモク手づくりファーム(三重県)の地ビール施設を視察
         8月 川北・火まつりで地ビール販売
予想以上の人気が集まる
11月 第2回川北フォーラム21開催
各分科会において「水」をテーマにした地域おこしが話題に
平成9年   6月 入口博志氏を中心に他3人の有志とともに
会社設立の準備活動開始
平成10年  3月 ㈲「わくわく手づくりファーム川北」を設立
町議会で産直物産館の計画が盛り込まれる
平成11年  5月 地ビール応援団募集開始
地ビール製造免許取得条件である製品の消費量確保の為
急きょ地域の人々に呼びかける
7月 地ビール製造免許申請
8月 地ビールプラント・レストラン・産直物産館工事着工
12月 施設完成
平成12年  1月 「わくわく手づくりファーム川北」営業開始
平成20年  7月 いしかわ産業資源活用推進ファンド事業により、機能性ビール(ギャバ米エール)の開発に着手
平成23年  7月 六条大麦を利用した高機能性ビールの開発が農林水産省六次産業総合化事業計画に係る認定を受ける
平成24年  4月 金沢百万石ビール「ペールエール」販売開始
        7月 自家製大豆使用による「きさらぎ味噌」販売開始
平成25年  4月 金沢百万石ビール「コシヒカリエール」「ダークエール」販売開始
平成27年  3月 グランアグリシリーズ「小麦のビール」販売開始

川北町 地場新産業創造構想
地場新産業の目的
  • 農業の活性化に寄与 「農業」は町の基幹産業
  • 町全体の活性化 町民の愛町意識を高め、他地域にファンをつくる
  • 豊かな自然の活用 良質で豊かな水
  • 高齢化と社会福祉に貢献 「生きがい」の場の提供
地場新産業の方向
  • 地域資源を活用した内発型の産業開発
  • 既存施設と連携して相乗効果を得られる産業開発
  • 将来的に発展しうる要素を持つ産業開発
  • 町民に指示される産業開発
  • 町の方針と連携した産業開発
  • 景観環境保全による町のイメージアップ